妊娠中絶薬アイピルと豆乳との関係

アイピルは、妊娠中絶薬のジェネリック医薬品で、セックスの最中にコンドームが破れてしまうなどの予期せぬトラブルに見舞われた時の利用に向いています。アイピルの具体的な作用は卵子の受精や受精卵の着床を防ぐという内容で、計画していない妊娠を防止する効果があります。アイピルの妊娠中絶薬としての効果は非常に強力で、セックス後に24時間が経過するまでに服用した場合は95パーセント、72時間以内であれば75パーセントの避妊効果があると報告されています。

一方でアイピルには副作用も報告されており、胸のはり、吐き気、頭痛、不正出血などです。これは、女性ホルモンを大量に摂取することによる変化で、主に服用後24時間以内に発生します。3時間以内に嘔吐してしまった場合は効果が薄れてしまう可能性があるので、吐き気止めなどを服用するのが適当です。

なお、この様な妊娠中絶薬に含まれている有効成分は、女性ホルモンの内の黄体ホルモンと同じ作用を有しています。これにより、排卵直前に分泌される黄体形成ホルモンを抑制することにより、結果的に排卵を抑制することになります。このために、もう一方の卵胞ホルモンと似た構造の大豆イソフラボンを含んでいる豆乳との相性は良くないと言えます。

アイピルは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを上手く保つような配合となっているので、豆乳を飲むことによりそのバランスが崩れてしまう可能性があります。ただし、豆乳は大豆イソフラボンだけで構成されているわけではないので、少量であれば影響されない場合もあります。しかし、妊娠中絶薬としての効果は薄まる可能性があるので、アイピルと豆乳の同時摂取は止めておいた方が無難と言えます。