アイピル服用で妊娠を回避出来るが反面太りやすくなる?

アイピルをタイミングを順守してきちんと服用することで、避妊に失敗してしまった場合でも妊娠する確率を下げることが出来ます。なので最近の若者達はセックスをする際コンドームだけを使用するのではなく、サブ的にそして万が一の時のピンチヒッター的にアイピルを使用していることが多くなっています。しかし中にはいくら妊娠する確率を下げる為の薬とはいえ、アイピルを服用したくないと思っている女性も多いものです。何故ならアイピルを服用することで、その副作用として太りやすくなってしまうと言われているのを信じているからです。確かにアイピルに限らずピル全体の問題として、服用することで体調が改善され良くなりますので、その結果として多少太りやすくなることはあるでしょう。しかし太りやすくなるといっても一時的な話であり、しかもほんの数キロの話なのです。当然5キロも10キロも太ってしまうなどということはあり得ませんし、もしも5キロも10キロも太ってしまったのだとしたら、それはアイピル服用による副作用なんかではなく、暴飲暴食等の別の原因があるのです。なので基本的にはアイピルを服用しても劇的に太ってしまうということはありませんので、女性は妊娠回避の為に安心して服用して良いのです。
アイピルは非常に事後の避妊効果の高い薬で、セックス終了後すぐに服用すればその避妊成功率は実に95パーセントという高い数字を誇ります。なのでこれほど高い避妊効果のあるピルを利用しないのは、妊娠を回避したいと思っている女性にとってあまりにも勿体ないことなのです。なのでピルを服用すると太ってしまうという危険な思い込みは捨て、ピルを信じて利用することが大切です。