アイピルと低用量ピルとの違い、健康被害はあるのか

アイピルは緊急避妊薬の一種で、低用量ピルとはその仕組み、含まれるホルモン成分の量が違います。そもそも低用量ピルは約1か月程度、比較的長い期間薬を飲み続けることで、少しずつホルモン成分を体内に取り入れていきます。体内のホルモンのバランスをピルによって調節して、排卵が起こらないように、子宮内が妊娠しにくい状態になるように調節していくのです。これがアイピルの場合はたった1回の服用で多量のホルモン成分を摂取していきます。その1度で脳下垂体を刺激するだけのホルモン成分を摂取し、それによって卵子と精子の受精を防いでいくのです。さらには卵子が子宮内膜に着床しにくい状態にしていくこともできるので、より高い避妊効果を得ることができます。
低用量ピルでもアイピルでも、ホルモン成分を含んでいることに変わりはないので、その分副作用、つまりは健康被害が出ることもあります。よく挙げられる健康被害は頭痛や腹痛、軽い吐き気やめまいなどの症状です。これらのホルモン成分を体内に入れることで、本来のホルモンバランスが崩れること、そしてそれが自律神経に作用してしまうことで引き起こされます。
この健康被害はピルを服用する上で避けられない症状ですが、低用量ピルの場合、服用を続けて数週間たてばこの症状は自然と収まっていきます。アイピルの場合も個人差があるので一概には言えませんが、ある程度の期間がたてば症状は目立たなくなります。
ただ、一度に多量のホルモン成分を摂取するアイピルの場合、低用量ピルに比べるとその副作用の症状が強く出てしまうことがあります。この場合、必要に応じて吐き気止めや飲み合わせを確認した頭痛薬などを併用して対処していく必要があります。